フランチャイズの不動産屋の特徴


フランチャイズの不動産屋の特徴
"リアルタイムで賃貸物件の最新情報を知ることの出来るインターネットの賃貸情報サイトは見逃せません。
不動産屋が運営をしているサイトを確認することで、その不動産屋がどれだけ真剣に運営をしているかを知ることが出来ます。フランチャイズ不動産屋というのは大家さんと直接やり取りをされている物件というのはほとんど持っていません。
いわゆる流通物件と呼ばれている物件が多く、白黒で印刷されたフォーマットも定められていない書類を利用して物件探しをしていきます。

フランチャイズ不動産屋は別の会社から紹介している物件の情報を抱えているので、良い条件のものはいくどありません。
物件の情報伝達が遅いことから、すでに契約されてしまっている物件を紹介してしまうケースもあるワケです。
フランチャイズ不動産屋におきましては、物件の大家さんを直接知らない事が多くなっています。
「友人同士はNG」「子供はNG]などの条件を見落としてしまい、大家さんの審査で落とされてしまうケースが多くあるのでご注意ください。"



フランチャイズの不動産屋の特徴ブログ:2019/10/16

オレには0歳と3歳になる女の子がいます。
その二人の女の子を保育園に預け、
仕事をしながら、バタバタと家事に追われ…

夕の忙しい時など、
オレに余裕がないせいか、
特に3歳の女の子には
いつも怒った口調で話していました。
「早くしなさい」「何やってんの」

オレのイライラが女の子に伝わってか、
女の子もわぁわぁ泣きわめきます。
そんな日々が続いていました。

1週間前、新しい絵本を購入しました。
「ちょっとだけ」という絵本です。

内容は、まさに我が家と同じで
姉貴になった女の子が主人公。

いつもお母さんに甘えたいのに
お母さんは赤ちゃんのお世話で忙しいので、
なかなか言い出せず…

姉貴はいつもちょっとだけ我慢して
自分一人で頑張っているのです。

牛乳を冷蔵庫から取り出して
こぼしながらもコップに入れたり、
パジャマのボタンも難しいけれど自分でやって着てみたり…

でもよる寝るとき、
どうしてもお母さんにだっこしてもらいたくて、
「お母さん、ちょっとだけでいいからだっこして…」
と言いました。

するとお母さんは言います。
「ちょっとだけじゃなくて、いっぱいだっこしていい?」
その間、赤ちゃんにはちょっとだけ我慢してもらいました…
というお話です。

その絵本を読んでいる時、
女の子の目には涙がポロンと出ていたのです。

そして読み終わった後、
「お母さん、ちょっとだけだっこして」
と言いました。

オレは0歳の女の子を置いて、
姉貴をぎゅっとだっこしてあげました。

うわあーん!と女の子は号泣しました。
なにか小さいながらにも我慢をし、感じていたのでしょうか。

でも反省するのはオレのほうで、
いつも女の子に怒ってばかりで、思えば冷たい言葉ばかりでした。

きっと嫌な思いをしていたんだろうなぁ…
ごめんね。
フランチャイズの不動産屋の特徴

フランチャイズの不動産屋の特徴

★メニュー

賃貸では敷金について理解しておく必要がある
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
賃貸契約は一般的に二年間で更新
安心感の強い大手不動産
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私の快適賃貸生活情報